住宅ローン 事前審査と本審査の違いは?(事前審査は通って本審査が通らないこともあるの?)

事前審査と本審査事前審査は通ったのに、本審査が通らない??

家の購入や新築を建てる際に、多くの人が通る関門のひとつに挙げられるのが、「住宅ローン」ではないでしょうか。住宅ローンを借りるには、審査があります。
住宅ローンを組んでマイホームを購入する場合、申し込みをする時点で審査されるのが「事前審査」。売買契約を結んで、正式な「本審査」となります。そして、住宅の引き渡しと同時に借入(融資実行)の運びとなります。

では、事前審査が通ったのに、本審査が通らないなんてことはあるのでしょうか?

事前審査はあくまでも仮。本審査が本丸です

事前審査はあくまでも自己申告によるものです。主に年収に対して住宅ローンの返済額がどれほどの割合か、返済していけるかどうかがポイントとなってくるので、購入する人の収入や職業、勤続年数などが確認できる資料が求められ、スピーディに金融機関によって判断されます。
それから、本審査へと進みますが、ここでは、源泉徴収票のほか住民税の課税証明書、印鑑証明書など多くの書類の提出を求められ、借りる人の職種や雇用形態、団体信用生命保険に加入する場合は健康状態など詳細なチェックが行われます。審査期間も1週間程度かかります。
「事前審査がパスしたから、ホッとひと安心」はできません。事前審査が通っても、本審査が通らないことがあるからです。先にご説明したように、事前審査はあくまでも仮の審査であって、本審査は事前審査内容に加えて、詳細に審査されます。

ではなぜ、事前審査がおこなわれるのでしょうか?
「住宅ローンがだめなら、キャッシュで買います」とは言えない大きな買い物がマイホームです。住宅ローンが借りられないと、その家が購入できない場合が多いので、売買契約の前に住宅ローンが借りられるか否かの目安を立てておく必要があるからです。
事前審査を通過しないと、住宅の売買契約を結ぶことができませんし、本審査へも進めません。

本審査が通らなかった。どうすればいいの?

A銀行で本審査が通らなかったからといって、住宅ローンがもう組めないという事はありません。金融機関によって、審査内容が違うため、B銀行ではローンが組める場合もあります。

しかし、金融機関が利用する個人信用情報は共通しているので、返済が滞っていた記録、クレジットカードの引き落としの延滞といった情報が残っていれば、別の金融機関に申し込んでも借入できない可能性があります。
ですから、再度住宅ローンを申し込む際には、先に落ちた理由を考えて対策を組んでからにした方がいいでしょう。

本審査が通らなかった。手付金はどうなるの??

事前審査を通過して売買契約を結び、その際に手付金を支払う場合があります。大体物件価格の10%が目安です。
では、本審査が通らなくて、住宅ローンが組めない場合、残念ですが購入を諦めることとなった時、この手付金は返してもらえるのでしょうか?
その場合には、『売買契約書』に「住宅ローン特約」と言う内容がもりこまれているか否かが重要です。
「住宅ローン特約」は、「万一住宅ローンの審査が通らずに融資が受けられなかった場合に、買主が支払った手付金を無利子で返還します」という内容です。
住宅ローンを組んで、住宅を購入する場合には、売買契約書にこの特約が設けられているか、確認しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です