収納上手! クローゼットの活用法

見やすく収納して、ストレスから解放

出かける時にお目当ての服が見つからないといった経験はありませんか。時間は過ぎていくし、イライラは募るし、やっと見つけてもシワがあって着られないといった失敗に合うたびに、快適な収納を心がけたいと思いますよね。時間短縮、ストレス解消のための収納を心がけて、クローゼットを上手く活用しましょう。

そのためにまず、収納上手は捨て上手に。何年も袖を通していないジャケットやセーターなどの洋服、使わなくなったハンドバックやベルトがクローゼットに眠っていませんか。不要なものは捨てましょう。

クローゼットは、空間を有効に使う工夫と出し入れしやすい収納を心がけましょう

ハンガーラックや棚のあるクローゼットを上手く活用する秘訣は、収納するものの高さを揃えて、空間を有効に使うことです。
例えば、ハンガーラックにかける時には、コート、ワンピース、ジャケットやスカート・パンツとハンガーラックからの高さを揃えて、下の空間に収納ケースを置いて無駄なくスペースを活用しましょう。また、ハンガーは薄く衣類が滑らないものを、できるだけ同じものを使用すると、多くのハンガーがかけられます。ハンガーにかけておくと、見やすくて便利ですが、あまりぎゅうぎゅうにかけすぎると、襟などの型崩れの原因にもなります。取り出しやすいように、余裕を持ってかけましょう。

棚のあるクローゼットは、上段に普段あまり使わないもの、中段は頻繁に使うもの、下段にはアイロン台やアイロン、日用品、小物といった時々使うものを収納します。
ウォークインクロゼットの広さは色々ですが、ハンガーラック、棚、引き出しの収納があれば便利です。収納の仕方もクローゼットにならって同様に、ひと目で何かわかるように、前後に収納が重ならない様に工夫しましょう。

効率よく収納。アイデア次第ですっきりと

クローゼットに収めるアイテムは、カタチも素材も色々ですね。それらをわかりやすく、見た目も美しく統一感を持たせて収納するのは大変。そこで、アイテム別に収納のヒントをご紹介しましょう。

Tシャツ・セーター

ハンガーにつるさない衣類は、たたんで収納しましょう。その時、無駄な空間を作らずに収納する工夫は、引き出しや収納ケースにあわせてたたむこと。デリケートなセーターなどは上段に収納します。普段よく着る綿のTシャツは、上から見えるように立てて収納し、下段に収納しましょう。ショップのように棚に平積みする際は、重ねすぎないように。

ネクタイ

ハンガーにかけておくと、1本を取り出したいのに一緒に何本もハンガーからすべり落ちてしまうことはないですか。1本ずつ丸めて、仕切りをした箱に入れておけば、本日のネクタイをすぐに見つけて取り出せます。

スカーフ

折り目がつかないように、ハンガーにかけて収納。もしくは、やさしくたたんで透明の袋やファイルケースを利用して、立てておくと柄が見えて便利です。立てるのに、100円ショップで販売されている書類ケースなどを活用すれば簡単。

ベルト

フックにつるす他、丸めてカゴやボックスに入れてクローゼットの空いたスペースに置いて収納。

バッグ

クローゼットの扉の裏面を利用して設置したフックにかけてみてはいかがでしょう。また、クローゼットの上段の棚に型くずれしないように立てておけば、使う時もサッと取り出せます。

収納のコツは「つるす」「たたむ「丸める」です。
効率よく出し入れできるように、よく着るもの使うものは取り出しやすい扉の中央や真ん中の位置に、そうでないものは、中央や真ん中より離してレイアウトしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です